よみうり文化センターの講座夏の講座のチラシです

7-9月の講座の内容を案内するチラシです。 7月6日 応挙の幽霊(平野) 道具屋さんが「掘り出し物」として仕入れた幽霊画がお得意さんに高値で売れます。その夜のこと……。平野には閻魔さんを祀る全興寺、寺宝の幽霊画を所蔵する大念仏寺があります。 8月3日 千両みかん(造幣博物館) 真夏に「みかんを食べたい」と患いついた若旦那…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上方噺逍遥記「辻子谷水車」を見てきました

生駒の西麓に近鉄奈良線「石切」という駅があります。その近くに東大阪市の指定文化財「旧河澄家」があります。先祖は南北朝時代にさかのぼるという江戸時代の庄屋さんの邸宅です。現在は東大阪市立の資料館として活用されていて、運営会社が様々なイベントを催しています。その一つの「旧河澄家 春季ウォーキング」に参加してきました。 石切駅から生駒川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上方噺逍遥記「家康終焉の地?」を訪ねて堺と平野へ

智将真田幸村が活躍する講談「難波戦記」。 歴史の通説では大坂方の善戦むなしく、慶長20年5月7日、幸村討死、8日豊臣秀頼と母淀殿自害で大坂城は落城、徳川の天下が確定するということになっておりますが、難波戦記では、家康がその前に平野で幸村の地雷火に攻め立てられ、這う這うの体で逃げる途中、和歌山から若君を守って城へ急いでいた後藤又兵衛の槍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみうり天満橋文化センター(7月から9月)

よみうり天満橋文化センターの落語散策そぞろ歩き講座 7月以降の開講も決まりました。 まずは夏の講座のラインナップ。 7月6日 応挙の幽霊(平野) 道具屋さんが「掘り出し物」として仕入れた幽霊画がお得意さんに高値で売れます。その夜のこと……。平野には閻魔さんを祀る全興寺、寺宝の幽霊画を展示する大念仏寺があります。 平野・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみうり天満橋文化センター講座「佐々木裁き」(5月18日)

よみうり天満橋文化センターの「落語散策そぞろ歩き講座」は5月18日開講。笑福亭純瓶さんの「佐々木裁き」を聞いて町へ出ました。 佐々木裁き」の一場面 まずは東町奉行所跡 東町奉行所跡 続いて、松屋町から住友の浜へ。 松屋町に榎木大明神の大木(槐の木)があります。 榎木大明神
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上方噺逍遥記「かりの宿りを惜しむ君かな」

今年から阪急京都線「相川」駅の近くにある大阪成蹊大学で「大阪の風土と文化」というタイトルで週1回講義を担当させて頂いております。神崎川の近くに有って安威川と挟まれた中州にあります。神崎川が淀川と分岐するあたりにあるのが「江口の里」。西行法師が行き暮れて遊女の家の軒先で一夜の宿を願ったところ断られ 「世の中をいとふまでこそかたからめかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上方噺逍遥記 落語に登場する動物たちに出会いました

天王子界隈を歩いていて、落語に出てくる動物たちに出会いました。 まずは、茶臼山の池で「さーーーーぎぃーーーー」 続いて、八十八夜も過ぎたのに「ひがん」・・・もとい、「いたち」やと思います。 獲物(?)のネズミを咥えています。でかいネズミ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上方噺逍遥記 令和元年 仏縁数珠繋ぎ

平成31年も、令和元年に改まりましたといいますのに、不肖狐狸窟彦兵衛、あいも変わらず、あっちぃうろうろ、こっちぃうろうろと、そぞろ歩いております。 5月2日 平野の融通念仏宗総本山「大念仏寺」にて、「万部おねり」(大阪市無形民俗文化財)にお参りしました。 二十五菩薩練りこみ 極楽浄土から仏さんがお迎えにおいでになる様を表現した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回 高槻紀伊國屋亭は6月2日開催 講談会です

紀伊國屋書店高槻店さんと落語散策・そぞろ歩き事務局共催の寄席「高槻紀伊國屋亭」は6月2日(日)に西武高槻6階の多目的ホールで2回目を開催します。今回は講談会。あの好男子の講談師。旭堂南龍さんと、女流講談師の旭堂南照さんの出演。狐狸窟彦兵衛が講談を分かりやすく解説するコーナーもあります。 第2回 高槻紀伊國屋亭 番 組 旭堂 南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上方噺逍遥記「あやのこぉじふやちょう」ときわめてあやふやな……。

ちょっと京都へ行ってまいりまして、京阪三条から三条通を西へ歩いておりますと「麩屋町通」と標識が出ておりました。 あーー、確かこれを南へ行って四条通を渡った一本目が綾小路と、思い立って行ってきました。 綾小路麩屋町といういたって、あやふやな場所。 あやふやな交差点 麩屋町通 住所表記は、麩屋町通綾小路……。 麩屋町通綾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上方噺逍遥記「大坂城三ノ丸跡」発掘現地説明会

大阪城西側の大阪第6地方合同庁舎の工事に伴う発掘調査で豊臣秀吉の大坂城三ノ丸に当たる場所から屋敷跡が出てきたというので、発掘調査の現地説明会に行ってきました。 大阪府警本部の裏手にあたる工事現場(大手前3丁目)の中に、グンと掘り下げられ、柱や竈の跡を白く線で囲んだ現場がありました。 説明によると、築城当時の1598年ごろの屋敷跡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上方噺逍遥記「鵺塚」

大阪市都島区のおおさかメトロ都島駅の南に「鵺塚」があります。 頭は猿、脚は虎、体は狸で尾は蛇という妖怪で、平安時代に帝を悩ませたのが「鵺」。 源頼政が射落として退治したという伝説が残されておりますが。この死骸を淀川に流したところこのあたりに流れ着いたんやそうで、近くの母恩寺の住職が弔って埋葬したのがこの塚だそうです。 鵺塚 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみうり天満橋文化センター講座開催しました(3月16日)

噺家と行く 落語散策そぞろ歩き! よみうり天満橋文化センターの講座を3月18日開催しました。 演目は「へっつい盗人」を予告していまいしたが、純瓶さんが「本日は、へっつい幽霊というお噺で」と切り出したので、パニックになってしまいました。 彦兵衛「あの……へっつい盗人では」 純瓶さん「えーー? 僕、へっつい盗人持ってないですぉ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林家竹丸さんの「サイレント映画と落語の夜」

林家竹丸さんが3月9日天満天神繁昌亭の夜席「サイレント映画と落語の夜ー繁昌亭に進路を取れー」を開きます。 サイレント映画と落語の夜 活動弁士の大森くみこさんとのコラボの会。なんと、竹丸さんも弁士を務め、映画2本と落語2席の会だそうです。 演目は 喜劇王 バスター・キートン「キートンの文化的生活一週間」弁士:大森くみこさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「笑福亭純瓶と行く!落語散策そぞろ歩き」は3月30日開催

第14回 j笑福亭純瓶と行く!落語散策そぞろ歩き!噺の舞台を見て!聴いて!歩き隊の詳細が決まりました。 落語散策そぞろ歩き 開催は3月30日 落語会は天満展示繁昌亭で午前10時開演 9時45分開場。 出演 笑福亭純瓶さん 「鶴満寺」ほか1席 桂小留(ちろる)さん、狐狸窟彦兵衛の解説 木戸銭 当日2000円(前売り150…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊國屋高槻亭(2月23日)新聞にお知らせ載りました

紀伊國屋高槻亭が本日の大阪版に載っています。 紀伊國屋高槻亭 日時:2019年2月23日(土) 午後1時半開演(1時開場) 場所:高槻西武6階多目的ホール (高槻市白梅町4-1 JR高槻駅前) 出演:笑福亭純瓶 桂りょうば 狐狸窟彦兵衛 入場料:前売り1500円 当日2000円 主催 紀伊國屋書店西武高槻店 落語散策・そぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊國屋高槻亭に名前を変えます(2月23日)

ちょっと故あって名前を変えることになりました。 紀伊國屋高槻亭にします。 紀伊國屋高槻亭 日時:2019年2月23日(土) 午後1時半開演(1時開場) 場所:高槻西武百貨店6階多目的ホール (高槻市白梅町4-1 JR高槻駅前) 出演:笑福亭純瓶 桂りょうば 狐狸窟彦兵衛 入場料:前売り1500円 当日2000円 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高槻紀伊國屋寄席をやります(2月23日です)

JR高槻駅前の高槻西武の6階多目的ホールで落語会を始めます。 第1回は2月23日。高槻西武百貨店の5階にある紀伊國屋書店さんとコラボの「高槻紀伊國屋寄席」です。 第1回と言いながら、2回目はまだ未定です。 第1回高槻紀伊國屋寄席 記 日時:2019年2月23日(土) 午後1時半開演(1時開場) 場所:高槻西武百貨店6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年 あけましておめでとうございます

初日の出 初日の出 近年恒例にしている、天王寺バイパス側道の歩道橋からの眺め。今年はちょっと出遅れて、しまいました。 振り返るとあべのハルカスが朝日を浴びてました。 あべのハルカス 朝日を背に歩くと、自分の影が、びゅーっと伸びて、面白い造形に見えます。 朝日影?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上方噺逍遥記 新聞版「大阪清水寺」

ちょっと途切れていた新聞版の上方噺逍遥記「大阪(大坂)面影さがし」久々に載りました。 https://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/feature/CO033271/20181117-OYTAT50024.html 浪花百景に残された「新清水紅葉坂瀧」は、大阪メトロ谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more